日本選手権2021 佐藤(3年)
優勝 & 日本記録更新 &
東京オリンピック出場内定!!

カテゴリー:
マッチレポート

2021年4月3日より、東京アクアティクスセンターにて、
第97回日本選手権水泳競技大会が開催されております。

6日(火)の200m平泳ぎ予選にて、
3年 佐藤 翔馬深沢 大和が3位、4位で予選を突破し、
その後の準決勝では、両者ともに予選から1秒以上タイムを縮め、
順位を保ったまま、決勝進出を決めました。

7日(水)の決勝では、4コースに武良 竜也 選手、5コースに渡辺 一平 選手と、
非常にハイレベルなレースが期待される中、
3コースに佐藤、6コースに深沢が入りました。

佐藤は序盤から積極的に入り、前半を1分00秒台で折り返すと、
持ち味である後半の伸びを活かして、さらに差を広げ、トップでゴール。
2分06秒40というタイムで、2月のJapan Openからさらに自己ベストを更新し、
2分08秒28の東京五輪派遣標準記録を突破するだけでなく、
2分06秒67の日本記録も更新する結果となりました。

深沢も、前日の準決勝で更新した自己ベストを、さらに更新し、5位に入りました。

皆様からの熱いご声援ありがとうございました。
今大会はまだ折り返し地点です。
最終日まで出場選手がおりますので、
エネルギーをこのままに、最後まで駆け抜けてまいります。
引き続き暖かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

以下のリンクより、今後の出場者、及び、これまでのレース映像をご覧いただけます。

第97回日本選手権水泳競技大会

このページをシェアする
佐藤深沢
マッチレポート

インカレ2021
23年ぶりシード権獲得!!
平泳ぎ 完全制覇!!

協生館オープン
マッチレポート

第2回協生館オープン 開催

マッチレポート

KOSUKE KITAJIMA CUP 2021
平泳ぎ2種目ワンツーフィニッシュ!!

慶應義塾體育會水泳部競泳部門オフィシャルサイト(https://www.keioswim.jp/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる