インカレ2020
200m平泳ぎ2連覇!!
男子800フリーリレー 慶應歴代最高記録!!

カテゴリー:
マッチレポート

2020年10月1日から4日間にわたって、
第96回日本学生選手権水泳競技大会が開催されました。

大会1日目、慶應からの出場者はいませんでしたが、
2日目には、2年佐藤が100m平泳ぎで予選決勝ともに
大会記録を更新し、優勝。
序盤からいい流れを作ることが出来ました。

3日目、4年成田は200m自由形で1年ぶりに自己ベストを更新して
決勝進出を決め、4年生の意地を見せつけました。

最終日、2年佐藤は200m平泳ぎ予選をまたしてもトップで通過。
決勝では再び大会新記録かつ世界歴代5位の好タイムで泳ぎ、
2連覇を果たしました。

リレーでは、男子800mフリーリレーが唯一決勝へ進出。
昨年と同じく、ギリギリ8位の予選通過でしたが、
決勝では、2年大場が、予選から1秒以上縮める見事な泳ぎで、
6位まで順位を上げました。
さらに7:23.15は慶應の歴代最高記録となり、
大会の締めにふさわしい、今シーズンのチームスローガン「」を
体現するレースを見せました。

大会開催へご尽力くださった関係者の方々、
インカレだけでなく、今シーズンを通してご支援くださった皆様、
全ての方の存在が、私たちの力となりました。
改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

まもなく新シーズンが始まります。
これからも、私たちの成長を見守っていただければと思います。

第96回日本学生選手権水泳競技大会 試合結果

このページをシェアする
対談 幼稚舎 1

対談企画
《Part.2 幼稚舎出身》

対談 感覚派 1

対談企画
《Part.1 感覚派スイマー》

近年の成長 アイキャッチ
チームダイアリー

近年の成長
《Part.5 学生コーチ》

慶應義塾體育會水泳部競泳部門オフィシャルサイト(https://www.keioswim.jp/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる